実は米肌にうるおい効果は無い?乾燥肌・敏感肌に使っても変化無し?

米肌は化粧品業界の大手「コーセー(KOSE)」と香川の老舗酒蔵「勇心」が共同開発したお米を使った基礎化粧品。

そんな米肌には「うるおい効果なんて無い!」といった口コミが・・・^^;

そこでこの記事では米肌のうるおい効果について詳しく調べてみました。

 

是非最後までご覧になってみて下さい。

きっと参考になると思いますよ^^

 

米肌のうるおい効果

米肌に含まれる成分には様々なうるおい効果が期待出来ます。

特に代表的な成分は

  • 数十種類のアミノ酸・豊富なペプチド・糖類を含有している成分「ライスパワーNo.11」
  • 保温・保護効果に優れている大豆成分を発酵させて抽出した成分「大豆発酵エキス」
  • 乳酸を多く含み角質細胞の保湿力をサポートしてくれる「ビフィズス菌発酵エキス」
  • 砂漠の乾燥にも負けない保水効果が期待出来る「グリコシルトレハロース」
  • お肌の天然保湿因子の主要構成成分で空気中の水分を取り込み抱え込む「乳酸Na」
  • その他の成分との相乗効果で乾燥からお肌を守る働きがアップする「グリセリン」

なんですね!

こういったうるおい成分が

  1. 乾燥しがちなお肌
  2. くすみが気になる方
  3. お肌のごわつきを感じる
  4. 毛穴が目立つ
  5. 乾燥による小じわが目立つ

といった肌トラブルにおすすめなんですね^^

ですがそんな米肌に「効果無し!」の口コミがあるのは何故なんでしょうか・・・。

 

乾燥肌・敏感肌に使っても変化が無い理由

米肌に「うるおい効果無し!」といった口コミには原因があるんですね。

その原因はズバリ使い方が間違っているからなんですよ!

確かにどんなに高性能な商品や道具でも使い方を間違っていたら、その効果は半減してしまいますよね^^;

 

それと同じで米肌も正しく使わないと効果が薄れてしまうんです。

ですがその間違った使い方とはいったいどういった使い方なんでしょうか・・・。

参考のためにもご紹介したいと思います。

それは

  • 毎日使わない
  • 使用時に強くこする
  • 使用量が適量でない

等があるんですね・・・^^;

では1つ1つ簡単にご説明しましょう。

 

毎日使わない

米肌は短いスパンで効果を実感出来る化粧品ではありません

ある程度長期的な使用期間を経て初めて効果を感じられます。

つまり米肌を使用して1日2日では効果を感じる事はほとんど無いでしょう。

ですがネットの口コミの中には短い使用期間で効果を感じなかったという口コミが結構多いんですね。

そういった口コミが「期間」の部分を省いて独り歩きしたに過ぎません。

なので米肌で効果を実感したいのなら焦らずジックリ「毎日欠かさず使用し続ける事が大切なんですよ!

 

使用時に強くこする

米肌に限りらず化粧品を使用する際は「お肌を強くこする」のはNGです!

強くこすると摩擦熱が生じ、お肌に負担がかかってしまいます。

その負担が最悪の場合、お肌の

  1. 乾燥
  2. 腫れ
  3. 痛み
  4. かゆみ
  5. 赤み
  6. ニキビ
  7. 湿疹

といったアレルギー反応、皮膚刺激に繋がる可能性も否定出来ません!

 

なので米肌を使用する際は優しく丁寧に「マッサージするように」馴染ませるのがコツですよ^^

 

使用量が適量でない

米肌を使用する際

  • 効果を早く実感したいから沢山使う
  • もったいないので1回の使用量をケチる

といった使い方をしていると、米肌の効果を100%引き出す事は困難でしょう^^;

あくまでも適量を使うように心がけて下さい。

そうする事で最短で米肌の効果を実感出来るでしょう!

 

関連記事

米肌の販売・取扱店舗一覧!激安・最安値で購入出来るのはココだけ!